読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

unakowa's diary

子どもの質問に全力で答えるブログ

1/2成人式

雑感

日本の多くの小学校で1/2成人式というものをやっているらしい。

自分が子どもの時分にはなかったから、比較的新しい学校行事なのだと思う。

10歳というのは特別な年齢である。
脳科学的にも発達心理学的にも、子どもと大人の転換期であるというのが定説である。
つまりその身体のうちに、子どもと大人の視点を同時に兼ね備えている稀有な年齢である。

その年齢の子どもたちに、自分の成長歴と、自分が大人になった状態を考えさせ、成人までの残りの10年間を有意義に過ごすための気付きを与える機会は、是非多くの子どもたちに与えてあげたいと思う。

だが、多くの小学校で1/2成人式は、子から親への感謝を述べる場になっているようだ。

1/2成人式に出席する保護者は、子どもたちの親への感謝の作文を延々聞くことになる。
感謝の対象は、日々の食事の支度、掃除、就労による家計収入がほとんどだ。

果たしてそれらは本当に子どもが感謝すべきことなのだろうか?
「ご飯を作ってくれてありがとう」「家をきれいにしてくれてありがとう」
というフレーズは『自分(子ども)は家事サービスを受ける側である』という前提を置いて語られている。

家族の定義は幅広いが、仮に日々の生活を営む集団を家族というならば、そこで必要になる仕事は、各メンバーの力量に応じて分配される。
不公平に仕事を免除されているメンバーがいるとしたら、それは身分階級の上位者か、集団のメンバーとして認められていない存在だ。
子どもが家族の中でそのどちらの場合でも不幸なことに変わりはない。

確かに1/2成人式に合わせ学校からお手伝い指導があった。
だが、残念ながら子どもたちに『これからは、家族の一員として家庭運営の一端の役割と責任を担う』意識を持たせることは難しかったようだ。
先生方の苦労がしのばれるが、家庭内の指導もまた同様に難易度が高い。
アンケートによると、ほとんどの子どもたちが何らかの「お手伝い」を日常的にしているのだ。

「親に言われたからやる」お手伝いから「家族の一員としての責任からやる」お手伝いに意識が変わるのは、社会性の発達レベルによる。
わが子も含め多くの子どもたちの社会性は10歳という年齢に相応しい状態になっているのだろうか。

  

 

 

 

 

どうして鼻血はすぐ出るのに、耳血は珍しいのか

子どもの質問

鼻血が出やすい体質の人はわりといます。

ときどき鼻の中をほじっていて鼻血が出てしまう人もいますね。
急にたくさん血が出るとびっくりしますが、たいていの場合は病気ではありません。
でもお医者さんによると、病気のサインのときもあるそうなので、あまり何度も鼻血の出る人は一度検査してみてもいいかもしれません。

一方、耳から血をたらたら流している人は滅多に見かけません。
もし見かけたら安静にさせて、急いで救急車を呼んだ方がいいでしょう。

なんで鼻血はよく出て、耳血は滅多に出ないんでしょうか?

鼻も耳も体の中につながる大事な場所ですが、鼻の穴の中は、外から入ってくるばい菌や悪いものを粘液で外に押し流せるよう粘膜で潤っています。
この粘液が鼻水です。鼻水を作り出すには水分が必要です。
多分ですが、鼻の穴は、水分を血管やリンパ管からもらいやすいよう、皮膚のすぐ裏を血管が流れていて、皮膚の厚さもとても薄くなっているのではないかと思います。
だから、少しの刺激で皮膚と血管が破れて鼻血が出るのではないでしょうか。

逆に耳の穴の中は、しっとり耳あかの人はいますが、それでも鼻の穴のように潤っていません。
耳から耳汁も出てきません。

耳汁を出さないなら、耳の中は鼻の中よりも皮膚と血管の距離を離し、皮膚も厚く丈夫にすることができます。
それで、ちょっと耳かきでこすったぐらいでは耳から血が出ないのではないかと思います。

でもなんで、鼻は鼻水でばい菌を防いでいるのに、耳からは耳汁が出ないんでしょう?
ごみやばい菌が入ると困るのは鼻の穴と同じなのに不思議ですね。

考えられる理由の1つは、鼻は息を吸うときに使うので、耳の穴よりばい菌が入ってきやすいからかもしれません。
でもこれだけだと、お尻の穴も粘膜で守られていることが説明できません。

もう一つ考えられるのは、音を聞くために粘液が邪魔になるのかもしれません。
音は耳の奥にある鼓膜に空気の振動として伝わります。
空気の振動を伝える耳の穴の中が潤っていると、うまく振動が伝わらないのでしょう。

なぜ食べ物にはいろんな味があるのか

子どもの質問

食べ物の味は、舌の上にある味蕾という器官が感じることが出来ます。
味蕾が感じて脳に伝えることが出来る味は塩味、甘味、酸味、苦味、旨味の5種類だと言われています。

人間は生きていくのに必要なエネルギーを、主に食事で体に取り入れます。
食べ物が簡単に手に入らなかった時代、必要な食べ物を見つけるのは大変なことでした。

前に食べたことがある物が見つかれば良いのですが、そうでない場合、試しに齧って、その味で食べられるかどうか判断する必要がありました。

甘いとお砂糖のようにカロリーが高い食べ物。塩っぱいとミネラル分が豊富。苦味があると毒か薬。酸味はまだ食べるのに早い果物や腐ってるもの。旨味はアミノ酸

というように、自分に必要な食べ物かどうか味で推定することが出来ると、生き残りやすくなります。

こんな風に、味覚は、昔は人間が生き残るために必要な感覚でした。

今は味覚は食事を楽しむために使われることが多いですが、昔のように、自分に必要な食べ物を判断するために使うことも忘れてはいけないと思います。

疲れた時に酸っぱいものが食べたくなる人は多いですが、体に必要なモノを体は味覚を通じて教えてくれるように思います。

近い未来、地球上に食べ物がなくなることも心配されています。

虫を食べることになるという人もいますが、虫以外にも、今まで食べていないものを食べる時代が来てもおかしくありません。

そんな時代が来たとき、自分に必要な食べ物を見つけて生き残るために、味覚の力を大事にしていきたいですね。

鳥箱先生とフウねずみ

本の感想

自分が読んだことのない宮沢賢治の小品で子どもが感想文を書こうとしていた。

気になったので読んでみたら、あまりのブラックさに驚いた。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/1947_7225.html

主人公の鳥箱先生はある時唐突に自分を教育者と思いこむ。

一方、自分の支配下にはいった4羽のヒヨドリに対し『教育』を与えることもなく、必要な世話も義務も怠り不幸な最期を迎えさせる。

ねずみのフウが次の生徒になってしまったのは、その母親が鳥箱先生の嘘権威を盲信したためだった。その結果、息子であるフウは猫に殺されることになる。

最後の猫のセリフはこう。

『先生もだめだし、生徒も悪い。先生はいつでも、もっともらしいうそばかり云っている。生徒は志がどうもけしつぶより小さい。これではもうとても国家の前途が思いやられる。』

暗すぎる。

文中に書かれているフウの志は確かに低かったかもしれない。一方、周囲の大人の志が低いのに、子どもの志だけ高いなんてまずない。

この小品が書かれたのがいつかは知らないが、今の時代に通じる薄暗さを感じる。
それで猫は誰なんだ?

安保法案の噛み合わなかった議論をふりかえる


安保法案の話はもう流行らないと思うけど、この夏日本中で議論がかみ合わなかった気持ち悪さを消化するために書いてみる。

あの法案を巡っては、賛成派が反対派を互いに「○ヨクはなんて感情的でお花畑なんだ!」と○に左右どちらを入れても成り立つ文章で批判しあっていたのが馬鹿々々しかった。

なんでそんなことになったのか。
それは、人によってあの法案が「なに」かの理解が違ったからじゃないかと思う。

日本国内には集団的自衛権を巡ってa~fまで何種類か意見がある。

f:id:unakowa:20151010212914p:plain

 

a.防衛力のために日本を普通に戦争出来る国にしたいという人たち。小林よしのりとかはここに入ると思う。
b.集団的自衛権は持ちたいし出来れば改憲したほうがいいけど、難しいなら無理やりでも天皇を中心とした神の国を作りたい人たち。現憲法を重視しない日本会議の人たち。
c.国際協力のためにPKOは必要だけど自衛隊改憲して出したほうがいいと思う人たち。
d.PKOのための集団的自衛権はなんちゃって集団的自衛権なんだから憲法解釈で十分と思ってる人たち。
e.PKOなんかやっても日本のためにならない、個別自衛権を強化すべきと思ってる人たち。徴兵制賛成。多分少数派。
f.9条に書いてる個別的自衛権以外だめでしょ、という人たち。共産党の人たち。

ここで、あの法案の集団的自衛権は①なのか②なのかが問題になる。
今回の法案に賛成する人はbとdしかいないわけだが、dの中でも、この法案が①だと思った人や①か②かはっきりしないので法に不備があると思った人は除外される。

本当は改憲したほうがいいと思うけど法案は賛成派は、話がややこしくなるのでbかdにじっとしててもらうとすると、あの法案に賛成な人は
bの日本会議の思想にシンパシーがある人
dでこの法案はPKO用に決まってるでしょという人
しかいない。

bの(彼らのファシズム思想に共感しない人からは基地外に見える)発言を省くと、賛成派の知識層はdのPKOでしょ派で、彼らの発言の背景は「この法案が①だと思うなんて法案を読んでないだろ」「②だと思って反対してるんなら現実どうする気だ。お花畑だな」「このぐらいで改憲しろだなんて手続きばっかり重視しすぎだろ」という意識だと思う。

実際、彼らの「この法案は②」という理解は原則正しいと思う。

だけど一方彼らは、法案が①か②かはっきりしてなくて①の可能性を払拭できない点を軽視している。

それは、彼らがbに対する恐怖心(嫌悪感)が弱いからだ。

fの共産党のように多様な意見の持ち主はもちろんいるが、過去のPKO派兵で大きな反対運動が起きなかったことからもわかるように、多数派はdであろう。そのdにいる人たちが、bへの恐怖心(嫌悪感)の強さで2つに分かれた。

bを恐怖する人は、①ではないとはっきりしていないのでイヤ。

bに何も感じない人は、普通に考えて②でしょ。なのでOK。

世論が紛糾したのは、賛成派が反対派の「bはイヤ!①なのか②なのかはっきりしろ!」という恐怖心を理解出来ず、フツウの安保法制の論点ばかり議論していたためだと思う。

海外メディアが「この問題は国民の現政府への信頼感のなさからくる」と報道していたのが正しいと思う。政府が「②だよ。他に使わないよ」と宣言すれば何も紛糾しなかったものを、残念ながら現政権はbの政権。不安感をあおる発言が多発された。

 

何故、人間には男と女しかいないのか?

遺伝子という言葉を聞いたことはありますか?
遺伝子は、私たちの体を作る設計図のようなものです。
設計図は人によって違いますが、半分の情報はお父さんから、もう半分の情報はお母さんから受け継いでいます。
お父さんとお母さんという二人の遺伝子を組み合わせて、お父さんともお母さんとも違う新しい人間を作り出すために男と女という性別があります。
つまり子孫を作り出すための仕組みのようなものです。

高性能の顕微鏡で見ると、女の遺伝子はXX、男の遺伝子はXYの形をしていることがわかります。
XX(母)とXY(父)を掛け合わせると、
母のXと父のXでXX(女の子)
母のXと父のYでXY(男の子)
と同じ確率で男の子と女の子が生まれることが分かります。
この仕組みだと、世界が女ばかりや男ばかりにならずにすみます。

逆に、もし第3の性のYYがあった場合、XXとYYを掛け合わせるとXYしか生まれず、XYとYYの組合せもXYとYYのみなのでXXとYYの出現数は6人に1人なのに、XYの出現数は6人に4人と、世界がXYばかりになってしまいます。
1種類の性別だけ多くなるとカップルを作るのが大変になり子どもが生まれにくくなってしまいます。

XXとXYのカップル⇒ XXとXY
XXとYYのカップル⇒ XYとXY
XYとYYのカップル⇒ XYとYY

多分ですが、これが性別が男と女だけの理由だと思います。

一方、人間以外の動物や植物、昆虫を観察すると、人間と同じく男と女に分かれて子孫を残す生き物と、1種類の性別だけの生き物があります。
自由に動き回れる生き物は男女、一か所にじっとしている生き物は1種類のことが多いようです。
1か所にじっとしていないといけないと、結婚相手に出会う可能性が低いからではないかと言われています。

また、実は人間にも数千人に一人の割合で、男でも女でもない、または男でも女でもある人が生まれます。
半陰陽、または両性具有と呼ばれる人たちです。
どうしてこういう人たちが時々生まれるのか。遺伝子は時々こういう不思議なことをしますが、うっかりなのかわざとなのかはわかっていません。

また、体の形を決めるXXとXY遺伝子以外にも、体はXXだけど心は男の子だったり、体はXYだけど心が女の子だったりする人もいます。ある調査では20人に一人こういう人がいるそうなので、クラスにも一人か二人いるのかもしれません。
こういう人たちのことも、遺伝子がうっかりなのかわざとやっているのかはわかっていません。

遺伝子は自分の情報を残すために、一番確率が高い方法を選ぶと言われています。
なので、もしわざとなら、もしかすると男でも女でもない第三の性別が未来に出てくる前触れなのかもしれません。

子どもの人気を集めるアニメは、どこがおもしろいのか?

子どもはどういうものを面白いと思うのでしょうか?

子どもに限らず人間が何かを見て面白いと感じるのは、ある程度の安心感の中で心に刺激を受けたときです。

安心感は、起承転結などのお話の形で伝わります。

例えば「昔々…」から始まるお話は、
起:おじいさんとおばあさんが不思議な子供を授かり
承:その子供がいろいろ不思議なことをして
転:その子が鬼退治に行ったり、怖い目にあったりしますが
結:最後は幸せな結果になる
というお話しが多いのは、同じパターンのお話だと聞いている人が安心して聞けるからです。

次に刺激です。
刺激には快感(楽しい、好き)と不快感(怖い、嫌い)があります。

快感は、電車やお菓子など好きなものが出てきて快感(楽しい)と感じる場合もあれば、『最後はみんなで幸せに暮らしました』というお話の展開で快感(嬉しい)と感じることもあります。

また、人間は快感だけでなく不快(怖い、嫌い)なものを見ても面白いと感じるときがあります。
お化けが出てくる話や、人が死んでしまうお話も人気があります。

楽しいことと怖いことのバランスがうまく取れたお話が面白いと言われることが多いですが、
楽しいことばかりのお話が好きな人もいれば、怖いことがいっぱいのお話しが好きな人もいます。
なので、同じお話を見ても、人によって面白いと思う人もいれば面白くないという人もいます。

では、みんなが面白いと思うアニメや漫画はどうやってできるのでしょうか。

たくさんの子供が面白いと言ってくれると、みんなが映画代を払ったりグッズやおもちゃを買ってくれるのでお金が儲かります。なのでアニメや映画はたくさんの大人がたくさんの時間とお金をかけて、どうしたらたくさんの子どもが面白いと言ってくれるか考えながら作っています。

その時考える大事なことは以下の3つです。

1)楽しさと怖さのモチーフに何を使うか
電車、恐竜、ダンス、お化けなど、何が出てくるとみんなが喜ぶでしょうか。
電車ばかりだと電車好きな子は喜びますが、興味ない子もいます。
たくさんの子が喜ぶのは何かを考えます。

2)楽しさと怖さのバランスをどうするか
怖すぎると泣いてしまう子が出てしまいますが、少しの怖さはお話を面白くします。
たくさんの子が楽しいと思うバランスを考えます。

3)お話の形に何を使うか、その中で楽しさと怖さをどう表現するか
起承転結や繰り返し型など、いろいろなお話の形があります。
その中に楽しさと怖さをどう入れていくかを考えます。
例えば最初にみんな死んでしまって主人公が一人ぼっちという悲しい場面から始まるお話もあれば、
最初はみんなで楽しく暮らしていて、途中で怪物が襲ってくるという展開もあります。

ですが、人の心の動き方はわからないことが多いので、どれだけ一生懸命考えても、誰も面白いと言ってもらえないお話ができることもよくあります。

面白いお話を作れるようになるには、自分がお話を見たり聞いたりしたとき、どこに、何故面白いと思ったのか、自分の心の動きを注意深く観察することです。
また、自分が面白いと思ったものを人が面白いと言わなかったときも、何故だろうと考えてみると、どんな人がどんなものを面白いと思うのかが分かるようになるので、お話を作るときの参考になります。