unakowa's diary

子どもの質問に全力で答えるブログ

「ティール組織」という本を読んで思ったこと

人は集まると組織を作ります。

この本は、人が作る色々な組織の特徴について書いた本です。

筆者は組織を7つのタイプに分類していますが、その中でも、一番新しいのがティール組織です。

読むのが少し難しい本ですが、将来、ティール組織が社会にたくさん増えた時代に、そういう組織で働くということは、みんなにとって実は結構大変なことなんじゃないかと思ったので、紹介したいと思います。

この本によると、人間社会の進化に合わせて組織の形も進化してきたそうです。筆者は組織のタイプにイメージしやすいよう色の名前も付けています。

 古い順に組織のタイプを書き出すと下記の7つです。

 1)無色: 原始的な少人数の組織

2)マゼンタ(赤紫)色 神秘的組織: 数百人程度の原始的な宗教で結びついた組織

3)レッド(赤)色:衝動型組織: トップの人がメンバーを力で支配する組織

4)アンバー(琥珀)色:順応型組織 軍隊のように階層を重視する組織

5)オレンジ色:達成型組織 機械のように目標達成を求める組織

6)グリーン(緑)色:多元型組織 最近のIT企業に多い社員の多様性を重視する組織

7)ティール(青緑)色:進化型組織 生き物や生態系のような組織

人間は概念が理解できないと、その存在が見えていても認知出来ない生き物なので、ティール組織もインターネットの普及で「分散した知性」という概念が理解されたため認知されるようになった組織だそうです。

今、日本にあるほとんどの会社はオレンジ型の組織です。

オレンジ組織は、機械に例えられるだけあって、戦後の高度経済成長期のように、皆でやらないといけないことが分かりやすくて、働く人がどんどん増えていった時代には向いていたと思います。

でも、最近はその問題点の方が指摘されるようになりました。
オレンジ組織の問題点は、恐怖の力を使って組織を管理するため、働く人が恐怖で疲れてしまって長期的には生産性が落ちてしまうことです。

現代は、昔と違い、誰かが疲れてしまっても、代わりの働く人がすぐに見つかる時代ではありません。

また、機械化が進んでいて、もっと生産性を上げるには単純労働ではない人間の創意工夫が必要ですが、恐怖に囚われている人からは新しいアイディアは出にくいものです。

ではグリーン組織でもいいのでは?と思いますが、この本ではグリーン組織の問題点として、組織の上の人の負担が大きいことをあげています。

ティール組織は、「自主経営(セルフマネジメント)」「全体性(ホールネス)」「存在目的」という3つのキーワードで説明されています。

「自主経営(セルフマネジメント)」は、一人ひとりが自分の頭で考えて一番良いと思う行動をとることです。

「全体性(ホールネス)」は、職場でも家庭でも、同じ一人の人間として振舞い、他の人のそれも受容するということです。

「存在目的」は、その組織が存在する社会的な意義を持ち続けるということです。

自主経営は、京セラという会社がやっているアメーバ組織に似ています。一人ひとりがプロ意識を持ってやれば、当然組織全体の生産性は高くなると思います。これに全体性を合わせると、まるでフリーランスで働く人たちの集合体のような組織がイメージ出来ます。

そして存在目的ですが。

社会的に存在する意義がない会社は、会社の仕事と役割を変えるか、無くなった方がいいという考え方があります。事業継続性という会社が長く続いていくことが大事だと考える言葉と逆の考え方かもしれません。

ティール組織では、存在目的がなくなったら、そして新しい存在目的がすぐ見つからないのなら、恐らく解散するのでしょう。

ここまで読んで、ティール組織をどう思いましたか?

自分を押し殺さず、脅されず仕事ができる環境は確かに魅力的ですね。その代わりに、働く人は個としての自律とプロ意識を求められます。

好むと好まざるに関係なく、これからは徐々に「個の自律と他との協調」という能力が求められる時代に移っていくように思います。

個の自律で一番大事なことは、自分が幸せになるために自分のやりたいことにチャレンジするということです。

でも、心が元気でないと自分の本当にやりたいことはわかりにくいものです。だから、大人になった時に困らないよう、今から時々、自分は今何にチャレンジしたいのか自分に聞いてみる時間を作ってみてください。

そして、なるべくそれにチャレンジしてみてください。

うまく行っても行かなくても、それが大人になった時、役に立つと思いますよ。

何故人間の雄は、若い雌を好むのか?

女性が直面する「稼ぐほど結婚できない」現実 | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

どんな動物の雌だって雄を群基準の優劣で判断して、雄は健康で若い雌を選ぶんだから大体そうなるだろ なんでそんなことをいちいち小難しく考えるんだ 自然の摂理だよ

2017/06/11 12:03

b.hatena.ne.jp

どんな動物の雄も若い雌を選ぶというブコメがあった。
反論!とかではなく、自分は動物行動学の専門家ではないが、遺伝子を残すことを考えると若い雌はリスクが大きいのではないだろうかと純粋に疑問に思ったので、ネットで少し調べてみた。

結果、やはり人間以外の動物は、むしろ自分の遺伝子を後世に残す確率を上げやすいベテランの雌を好む傾向があるらしい。
https://srad.jp/submission/25679/

では、なぜ人間だけ若い雌を好むのか?については、ネットの情報を読んでいくと2種類の仮説がたてられそうだ。

1つは「親の投資理論による影響」。
これは、人間は子供を養育するため雌だけでなく雄も一定期間子どもへの投資期間が発生する。
雄雌双方による配偶者防衛も働くため一夫一妻制になり、雄は自分の遺伝子を残す確率が上がる若い雌を、雌は投資を期待できる年上の雄を求めるという説。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13134583218

ただ、これだと同じ一夫一妻制の鳥類も同じ傾向がないと矛盾するが、鳥類では年上の雌が好まれるらしい。

2つ目は「家父長制による影響」。
家父長制では群れの長(父親)が子ども世代の繁殖に必要な資源も管理する。
自分の群れに迎えるのは若く子がいない雌のほうが、当てがった男子Aが死んだ後群れの別の男子Bにあてがうこともできて有利である。

ということで、若い雌を好む人間は、本能というよりは長く続いた家父長制による社会的価値観で好んでいると思われる。

ちなみに「親の投資理論」で言うと、子育てにより多くのコストを負う性がもう片方の性に対し、より選択的になるらしい。
つまり卵子を作り、腹の中で育て出産し、母乳を与えるというコストを払う人間の雌は雄に対し、雄が雌を選ぶより強く選ぶことになる。
実際、人間も遺伝子研究から、雄の方がより選択されてきた性であることが分かっているらしい。

話が逸れたが、やはり自分がコメントで書いた通り、家父長制による考え方から抜け出せればいいんじゃない?という結論になりました。

 

ーーーこの辺を読みましたーーーー

「動物における配偶者選択研究の動向」http://ci.nii.ac.jp/naid/120006030962
「誰を選ぶのか? なぜ惹かれるのか? : 配偶者選択の進化心理学的研究に関するレビュー」http://ci.nii.ac.jp/naid/120005269108
「性別、自己評価、関係期間が配偶者選択の基準に及ぼす影響 : 日本人サンプルにおける追試」http://ci.nii.ac.jp/naid/110006425324
(進化と人間行動:書評)http://www.ywad.com/books/667.html
(適応行動論:講義メモ?)https://todai.info/sikepuri/search/show.php?id=1785

 

何故「お米の中に神様がいる」はOKなのに「水からの伝言」はだめなのか。

因果応報という考え方があります。
悪いことをすると罰があたり、善い行いをすると良いことがあるという考え方です。
ある人の調査によると現実の世界は必ずしも因果応報というわけではないそうですが、こう考えると皆が安心して暮らせるので昔から広く普及しています。

この因果応報という考え方を使って、
「おへそを出していると雷様に取られる」
「お米を残すとお米の中の神様のバチがあたる」
など、子どもに望ましい行いを促そうと嘘のお話をする人がたくさんいます。

これらは『迷信』と呼ばれています。また、似ているものに『おまじない』というのもあります。
「痛いの痛いの飛んでいけ」や「悪い夢を見たら枕を3回たたいて裏返したらもう大丈夫」などです。
「痛みを取ったからもう痛くない」など、因果(原因と結果)をつけて気持ちを落ち着かせようとするものです。

一方、ここ10年ほど前から一部の学校で広まっている「水からの伝言」という思想があります。汚い言葉をかけた水は汚い結晶になるので、きれいな言葉を使いましょうと子どもたちに教えているそうです。

「迷信」と「水伝言」の似ているところと違うところはどこでしょうか。

似ているところは、科学的に嘘とされる因果で大人が望む行動を子どもに取らせようとしているところ。違うところは根拠の場所です。「迷信」は精神世界に根拠を置くのに対し「水伝言」は科学に根拠をおいています。

私は、現在の科学では嘘だと認知されていることを科学的な事実として因果応報の根拠に使うことには2つの問題があると考えています。

1つ目の問題は、科学への信頼感を失う危険性があることです。
科学とは、正しいかどうかが客観的に判断できるものです。
なので「科学的に正しい」と判断されたことは、少なくとも今の科学レベルにおいては「正しい」わけです。
ですが、その分野の専門家でない人にとって、それが本当に「科学的に正しい」かどうか判断・確認するのはとても面倒で大変なので、専門家が「××は科学的に正しい」と言えば信じる傾向があります。
もちろん科学の発展によって後日間違いだったと訂正されるものもありますが、科学の権威を共有する社会に私たちは生きているわけです。ところがそれに嘘が混じっているとなると、何を信じていいかわからなくなります。
真面目に科学に取り組んでいる人たちにとっては迷惑な話です。

2つ目の問題は、子どもたちへの強制力の強さです。
上で書いたように、現代社会では、科学的に正しいことを多くの大人も子供も「正しいもの」として扱います。
一方で精神世界の妖怪や鬼は、少し知恵がついた子どもは作りごとだと反論します。
迷信で行動を諭される子どもたちは、少し大きくなると「鬼なんか来ないよ」と反発しつつ、徐々に迷信の背後にある親や共同体の価値観を自分の中に取り込んでいきます。
もちろん子どもは自らの経験で育んだ独自の価値観と照らし合わせて、大人の価値観を拒むことも可能です。

科学風の嘘で行動を諭される子どもたちは、その自己決定のゆとりは持てません。
科学の権威を疑うか、言われたことを逡巡せず飲み込み思考を止めるかになります。

社会や共同体の価値観を受け継ぐことは意義のあることですが、時代と共に社会の価値観は変わり、人はそれに適応する必要があります。
なので、価値観を次世代が受け継ぐとき、無条件に思考を停止して受け入れるやり方は社会の環境への適応力を阻害すると思うのです。

だから私は、子どもに悪い言葉を使わせたくなければ「悪い言葉を使うと口が曲がるよ」ぐらいがちょうどいいのではないかと思うのです。

 

1/2成人式

日本の多くの小学校で1/2成人式というものをやっているらしい。

自分が子どもの時分にはなかったから、比較的新しい学校行事なのだと思う。

10歳というのは特別な年齢である。
脳科学的にも発達心理学的にも、子どもと大人の転換期であるというのが定説である。
つまりその身体のうちに、子どもと大人の視点を同時に兼ね備えている稀有な年齢である。

その年齢の子どもたちに、自分の成長歴と、自分が大人になった状態を考えさせ、成人までの残りの10年間を有意義に過ごすための気付きを与える機会は、是非多くの子どもたちに与えてあげたいと思う。

だが、多くの小学校で1/2成人式は、子から親への感謝を述べる場になっているようだ。

1/2成人式に出席する保護者は、子どもたちの親への感謝の作文を延々聞くことになる。
感謝の対象は、日々の食事の支度、掃除、就労による家計収入がほとんどだ。

果たしてそれらは本当に子どもが感謝すべきことなのだろうか?
「ご飯を作ってくれてありがとう」「家をきれいにしてくれてありがとう」
というフレーズは『自分(子ども)は家事サービスを受ける側である』という前提を置いて語られている。

家族の定義は幅広いが、仮に日々の生活を営む集団を家族というならば、そこで必要になる仕事は、各メンバーの力量に応じて分配される。
不公平に仕事を免除されているメンバーがいるとしたら、それは身分階級の上位者か、集団のメンバーとして認められていない存在だ。
子どもが家族の中でそのどちらの場合でも不幸なことに変わりはない。

確かに1/2成人式に合わせ学校からお手伝い指導があった。
だが、残念ながら子どもたちに『これからは、家族の一員として家庭運営の一端の役割と責任を担う』意識を持たせることは難しかったようだ。
先生方の苦労がしのばれるが、家庭内の指導もまた同様に難易度が高い。
アンケートによると、ほとんどの子どもたちが何らかの「お手伝い」を日常的にしているのだ。

「親に言われたからやる」お手伝いから「家族の一員としての責任からやる」お手伝いに意識が変わるのは、社会性の発達レベルによる。
わが子も含め多くの子どもたちの社会性は10歳という年齢に相応しい状態になっているのだろうか。

  

 

 

 

 

どうして鼻血はすぐ出るのに、耳血は珍しいのか

鼻血が出やすい体質の人はわりといます。

ときどき鼻の中をほじっていて鼻血が出てしまう人もいますね。
急にたくさん血が出るとびっくりしますが、たいていの場合は病気ではありません。
でもお医者さんによると、病気のサインのときもあるそうなので、あまり何度も鼻血の出る人は一度検査してみてもいいかもしれません。

一方、耳から血をたらたら流している人は滅多に見かけません。
もし見かけたら安静にさせて、急いで救急車を呼んだ方がいいでしょう。

なんで鼻血はよく出て、耳血は滅多に出ないんでしょうか?

鼻も耳も体の中につながる大事な場所ですが、鼻の穴の中は、外から入ってくるばい菌や悪いものを粘液で外に押し流せるよう粘膜で潤っています。
この粘液が鼻水です。鼻水を作り出すには水分が必要です。
多分ですが、鼻の穴は、水分を血管やリンパ管からもらいやすいよう、皮膚のすぐ裏を血管が流れていて、皮膚の厚さもとても薄くなっているのではないかと思います。
だから、少しの刺激で皮膚と血管が破れて鼻血が出るのではないでしょうか。

逆に耳の穴の中は、しっとり耳あかの人はいますが、それでも鼻の穴のように潤っていません。
耳から耳汁も出てきません。

耳汁を出さないなら、耳の中は鼻の中よりも皮膚と血管の距離を離し、皮膚も厚く丈夫にすることができます。
それで、ちょっと耳かきでこすったぐらいでは耳から血が出ないのではないかと思います。

でもなんで、鼻は鼻水でばい菌を防いでいるのに、耳からは耳汁が出ないんでしょう?
ごみやばい菌が入ると困るのは鼻の穴と同じなのに不思議ですね。

考えられる理由の1つは、鼻は息を吸うときに使うので、耳の穴よりばい菌が入ってきやすいからかもしれません。
でもこれだけだと、お尻の穴も粘膜で守られていることが説明できません。

もう一つ考えられるのは、音を聞くために粘液が邪魔になるのかもしれません。
音は耳の奥にある鼓膜に空気の振動として伝わります。
空気の振動を伝える耳の穴の中が潤っていると、うまく振動が伝わらないのでしょう。

なぜ食べ物にはいろんな味があるのか

食べ物の味は、舌の上にある味蕾という器官が感じることが出来ます。
味蕾が感じて脳に伝えることが出来る味は塩味、甘味、酸味、苦味、旨味の5種類だと言われています。

人間は生きていくのに必要なエネルギーを、主に食事で体に取り入れます。
食べ物が簡単に手に入らなかった時代、必要な食べ物を見つけるのは大変なことでした。

前に食べたことがある物が見つかれば良いのですが、そうでない場合、試しに齧って、その味で食べられるかどうか判断する必要がありました。

甘いとお砂糖のようにカロリーが高い食べ物。塩っぱいとミネラル分が豊富。苦味があると毒か薬。酸味はまだ食べるのに早い果物や腐ってるもの。旨味はアミノ酸

というように、自分に必要な食べ物かどうか味で推定することが出来ると、生き残りやすくなります。

こんな風に、味覚は、昔は人間が生き残るために必要な感覚でした。

今は味覚は食事を楽しむために使われることが多いですが、昔のように、自分に必要な食べ物を判断するために使うことも忘れてはいけないと思います。

疲れた時に酸っぱいものが食べたくなる人は多いですが、体に必要なモノを体は味覚を通じて教えてくれるように思います。

近い未来、地球上に食べ物がなくなることも心配されています。

虫を食べることになるという人もいますが、虫以外にも、今まで食べていないものを食べる時代が来てもおかしくありません。

そんな時代が来たとき、自分に必要な食べ物を見つけて生き残るために、味覚の力を大事にしていきたいですね。

鳥箱先生とフウねずみ

自分が読んだことのない宮沢賢治の小品で子どもが感想文を書こうとしていた。

気になったので読んでみたら、あまりのブラックさに驚いた。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/1947_7225.html

主人公の鳥箱先生はある時唐突に自分を教育者と思いこむ。

一方、自分の支配下にはいった4羽のヒヨドリに対し『教育』を与えることもなく、必要な世話も義務も怠り不幸な最期を迎えさせる。

ねずみのフウが次の生徒になってしまったのは、その母親が鳥箱先生の嘘権威を盲信したためだった。その結果、息子であるフウは猫に殺されることになる。

最後の猫のセリフはこう。

『先生もだめだし、生徒も悪い。先生はいつでも、もっともらしいうそばかり云っている。生徒は志がどうもけしつぶより小さい。これではもうとても国家の前途が思いやられる。』

暗すぎる。

文中に書かれているフウの志は確かに低かったかもしれない。一方、周囲の大人の志が低いのに、子どもの志だけ高いなんてまずない。

この小品が書かれたのがいつかは知らないが、今の時代に通じる薄暗さを感じる。
それで猫は誰なんだ?